昌子源、ベルギー戦へ危機感募らす「要注意人物やったら…」

最終更新
コメント()
日本代表DF昌子源が、14日に控えるベルギー戦を前に、その心境を語った。

日本代表DF昌子源が、14日に控えるベルギー戦を前に、その心境を語った。

現地時間12日は荒天のため、練習を途中で切り上げた日本代表。昌子は「あの雹はホンマ痛かったです」と語りながらも、その影響はないと語った。

ただ、「きのう(12日)に関してはサブ組と言われるビブス組が、すごい良かった。こんなこと言ったら何やけど、僕らにスコスコやられてたら、ベルギーなんてもう」と危機感を強め、「選手内で守備、どこからブロック組むのか、行くのか」を確認するなど、守備陣の意思統一を図ったと明かした。

ミーティングは「いつも通り」だったと話す昌子。その内容についても、「ミーティングは毎回のこと、細かい。別に文句言うわけじゃないけど、当たり前のことも言うから、ホンマ。要注意人物やったら、(ロメル・)ルカクとか(エデン・)アザールとか、そういう人も細かく言う。いかに注意、警戒しないといけない選手かを、間接的に伝えてくる感じかな」と話した。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
【原博実の超現場日記2018/第16回】天晴れ!FC町田ゼルビア。満員の野津田でのJ2最終節
次の記事:
ミランMFバカヨコが明かす「コンテとガットゥーゾは似ている」「抗議の笛には理解」
次の記事:
ディバラが今冬退団のうわさを完全否定…同僚C・ロナウドとの関係性にも言及
次の記事:
マンチーニが決定力不足に嘆き「フットボールで最も重要なことはゴール」
次の記事:
モデストがケルンに1年4カ月ぶり復帰…“大迫の相棒”が独2部の古巣で再スタート
閉じる