「ユヴェントスは優勝できる」敗れたバルセロナDFピケが賛辞を送る

シェア閉じる コメント
ユヴェントスを相手に2戦で1ゴールも挙げられなかったバルセロナ。ピケも完敗だと感じているようだ。

バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは、ユヴェントスがベスト4進出にふさわしかったことを認めている。『BeINスポーツ』がコメントを伝えた。

バルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でユヴェントスを前に1点も奪うことなく、合計スコア0-3で屈した。さらに、CLのホーム戦連勝も15でストップしている。ピケは「2試合とも僕らを上回っていた」と話し、このように続けた。

「ユヴェントスは準決勝進出に値した。彼らには優勝する力があるし、ベストを見せて上にいくことを願っているよ」

「僕らはいくつかのチャンスを作ったが、難しいタスクだった。時間が経つにつれて、次第に僕らの目標達成は難しくなっていったからね。彼らはイタリアのチームで、守り方をよく知っているし、そのエリアのスペシャリストだ。ここに来ても、それをしっかり遂行していた」

ユヴェントスに完封されたが、力負けだったためにピケも素直に相手を讃えている。「負けはしたが、クラブの一員であることを誇りに思えた」と、カンプ・ノウでのスコアレスドローを振り返った。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ケルン、元U-21フランス代表MFのコジエッロを獲得…今冬補強第2号はセントラルMF
次の記事:
パリSG、イブラ退団後カバーニの存在感が増す...1試合平均0,68得点と圧倒的な決定力
次の記事:
シメオネ、アトレティコのコパ4強進出に意欲「選手時代から好きなコンペティションだった」
次の記事:
レアル・マドリー、現時点でC・ロナウドの契約延長を考えず...わずか14カ月前に契約更新
次の記事:
ドルトムント、オーバメヤンの後釜候補はバチュアイ?チェルシーからの獲得に着手か
閉じる