ベルギーに善戦も、世界トップとの差を感じた吉田麻也「チャンスをモノにする差が顕著に出た」

シェア閉じる コメント
日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が、0-1で敗れたベルギー戦を振り返った。

「ワンチャンスをモノにする差が大きく、顕著に出てしまった」

“善戦”や“惜敗”といった言葉が並ぶ0-1の敗戦。ベルギー代表との国際親善試合を終えた吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)は、手応えとともにトップレベルとの差を感じることも多かった。

日本代表は欧州遠征で10日にブラジル代表と対戦して1-3で敗れた。多くの課題を突きつけられ、迎えた14日のベルギー戦。選手たちはブラジル戦と比べても立ち上がりから硬さがなく、積極的に仕掛ける場面も見られた。吉田の口からも「(プレスの)ハメ方は悪くなかった」、「今日はうまくいった部分が多かった」と肯定的な言葉がこぼれた。

一つの要因としては、ベルギーがチームとして成熟しきっていなかったこと。吉田も「(3バックのフォーメーションに苦労して)明らかにフラストレーションをためながらプレーしているのは感じられた」と指摘する。また、相手のコンディションにも問題があると感じたという。

それでも相手はFIFAランキング5位で、2018 FIFAワールドカップ ロシア大会の優勝候補の一角にも挙げられるタレント軍団。72分にナセル・シャドリ(WBA)がドリブルで4人抜きを見せ、日本の守備陣をあざ笑うかのようなふわりとしたクロスを、エースのFWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)に頭で叩きこまれた。

前半からいくつかチャンスは作られたものの、決定機と呼べる場面は決して多くはなかった。なんとか無失点で我慢していただけに、「本当に一瞬だけ気を抜いてしまったんじゃないかと。全員がね。誰か一人だけじゃなく、中盤も後ろも一瞬だけ気を緩めてしまったがゆえに、(ペナルティエリアの)中に入られてしまった。本来だったら外に(サイドに)追い込むべきだと思うんですけど。クロスもすごくよかったですし、ボックスに入った後はノーチャンスだったと思います。その前で止めるべきだった」と、チームとして気の緩みがあったことに、悔しさをにじませる。さらに、決勝点を決めたルカクについては「決めるところをしっかり決める選手があのチームにはいます」と、その決定力の高さを改めて感じたようだ。

ブラジル戦でみつかった課題をいくつかクリアし、歩みを進めた日本。しかし、まだまだトップとのレベルの差があるのも事実だろう。「これを善戦したってことだけで終わりにせず、もう一個、二個足りないというのをきっちりと理解して、前に進んでいかなければいけない」。残り約7カ月となった本大会に向け、吉田はさらなる高みを目指す。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
仙台DF板倉滉、F・トーレスの印象は「顔ちっちゃくてカッコ良かった」
次の記事:
欧州有数の熱狂的スタジアムでプレーしてきたF・トーレス、日本の応援に感動「雰囲気素晴らしい」
次の記事:
“エルドアン写真問題”で批判のエジルが声明を発表…「僕の胸には2つのハートがある」
次の記事:
Jデビューのイニエスタ「残念な結果になった」…次戦でのより良いプレーを確信とも
次の記事:
ついに神戸デビュー果たしたイニエスタ…スペインメディア「世界中が注目した」「パスが通らなかった」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する