Goal.comホーム

thumbnail こんにちは,

リカルド・カルバーリョ 選手プロフィール

リカルド・カルバーリョ 選手プロフィール
リカルド・カルバーリョ
名前: Ricardo Alberto Silveira Carvalho
生年月日:1978/05/18 (年齢 40)
出身地:Amarante
国籍: ポルトガル
身長:183 cm.
体重:79 Kg.
ポジション:DF
背番号:2
Ricardo Carvalho - Chelsea (PA)
ポルトガルのアマランテで生まれたアルベルト・リカルド・カルバーリョは、まずレサでサッカーを学び、1997年にFCポルトとのプロ契約にサインを交わした。すぐにレンタルの形で前所属クラブのレサに送り返された後、続く2シーズンはビトーリア・デ・セトゥバルとアルベルカにレンタルで出され、下積み時代を過ごした。その後、カルバーリョは伝説的な名選手ジョルジュ・コスタの後を引き継がなければならないという責任感によって、自らのキャリアを築き上げていった。

ジョルジュ・コスタの代役としてトップチームに引き上げられた彼は、そのままチームの主力選手となり、2003-04シーズンにはジョゼ・モウリーニョ監督の下でポルトのチャンピオンズリーグ制覇に重要な役割を果たした。堅実なDFとしてかなりの高評価を勝ち得ていたカルバーリョは、2003年の末にはポルトガル代表にも名を連ねる。代表では偉大な名手、ポルトガル代表として100試合以上を戦ったフェルナンド・コウトの後釜としての期待を背負った。

歴史的な2003-04シーズンを終えた後、ポルトから相次いで選手が流出していく中で、彼にも大きな転機が訪れた。ロマン・アブラモビッチ氏の手によってチーム改革を推し進めていたチェルシーが2000万ポンド弱の移籍金で取引を成立させ、カルバーリョはジョゼ・モウリーニョ監督とパウロ・フェレイラに続いてロンドンへと渡る。かつてのW杯優勝メンバーであるマルセル・デサイーに代わる存在としてチェルシーのディフェンスラインの中央に組み入れられ、またしても大物選手の穴埋めという困難な挑戦に臨まなければならなかった。

ここで順調なスタートを切ることに成功したカルバーリョは、ジョン・テリーととともに強力なセンターバックのコンビを形成し、2004-05シーズンと2005-06シーズンにチェルシーをクラブ史上初となるプレミアリーグ2連覇へと導いた。その頃には、彼はポルトガル代表でも中心選手の一人となっていた。ペペがより前寄りのポジションへと移ったため、カルバーリョはブルーノ・アウベスと息の合ったコンビを組み、今大会の予選では10試合のうち7試合に出場を果たした。

メモ――カルバーリョはポルトが優勝を成し遂げた2003-04シーズンのチャンピオンズリーグで全試合にフル出場を果たした。

受賞歴
ポルトガル年間最優秀選手:02-03
UEFA最優秀DF:03-04
UEFAベストイレブン:03-04
EURO2008ベストイレブン:04
ワールドカップ・オールスターチーム:06
選手投票によるチェルシー年間最優秀選手:07-08