マンチェスター・U、ポグバ獲得でユヴェントスと合意 史上最高額130億円の移籍実現へ

選手は年俸1300万ユーロの5年契約を結ぶ見込み

マンチェスター・ユナイテッドとユヴェントスがMFポール・ポグバの移籍で合意したことが『Goal』の取材で分かった。移籍金は1億1000万ユーロ(約129億4000万円)と史上最高額になる。

両クラブの幹部は20日に会談し、ポグバの移籍について交渉した。1億1000万ユーロでの移籍は、2013年にレアル・マドリーがMFガレス・ベイルを獲得した際の1億ユーロ(約117億6000万円)を上回り、史上最高額となる。

ポグバ本人は新クラブと年俸1300万ユーロ(約15億3000万円)の5年契約を結ぶ見込み。ユヴェントスでのサラリーの3倍近い金額だ。

2012年にフリートランスファーでユナイテッドを退団し、ユヴェントスに加入したポグバだが、4年間でワールドクラスの選手に成長。チェルシー時代から関心を寄せていたジョゼ・モウリーニョ監督が率いるユナイテッドに戻ることになる。