テベスを絶賛するマンチーニ

「インテルのときから彼を評価していた」

マンチェスター・シティのロベルト・マンチーニ監督が、自身がインテルの監督を務めていた頃、FWカルロス・テベスの獲得を望んでいたと明らかにした。

テベスは11日に行われたブラックバーン戦でハットトリックを達成しチームを4-1の勝利に導いた。シティはアストン・ヴィラ、トッテナムを抜きリーグ4位に浮上している。

『プレス・アソシエーション』によるとマンチーニ監督は、去就が注目を集めていた昨年夏のテベスを巡る物語について、「すべてのストーリーを知っているわけじゃない」と語ったようだ。

「だが、私がイタリアにいてテベスをテレビで見たとき、カルロスは非常に良い選手だと思った」

「私は彼にインテルに来て欲しかった。彼に尋ねたよ。だがもちろん、彼はユナイテッドにいたからチャンスはなかった」

「彼が決めた3ゴールは非常に良いゴールだった。我々にとってはとても特別だった。だが全員が彼がどれだけ良い選手なのかは理解しているよ」