快足マルコヴィッチがハルに期限付き移籍、リヴァプールから再レンタル

プレミアリーグで降格圏に低迷しているハルが、マルコヴィッチを獲得したと発表した。契約は今シーズン限りのレンタル。

今シーズン、ポルトガルのスポルティングでプレーしていたセルビア代表FWラザル・マルコヴィッチが、プレミアリーグのハルに加入した。

マルコヴィッチの保有権はリヴァプールが持っており、スポルティングとの1年契約が期限満了を前に解除され、リヴァプールに復帰したうえでハルに再レンタルされた形になる。ハルとの契約は今シーズン終了まで。

現在22歳のマルコヴィッチは欧州でも指折りのスピードを誇るサイドアタッカーで、現ハルの監督マルコ・シウヴァはポルトガル時代にマルコヴィッチと対戦経験があり、その実力を高く評価。獲得を熱望していた。

ハルは現在、勝ち点16でプレミアリーグ19位と降格圏に沈んでいる。同チームのライアン・メイソンが頭蓋骨骨折で離脱するなど、不安要素の多いチームを1部残留に導けるのか、マルコヴィッチの活躍が期待される。