トルコリーグ所属のエトーにプレミア復帰の可能性?…ハル・シティ監督が獲得に興味か

元カメルーン代表のFWサミュエル・エトーがプレミアリーグに復帰する可能性があると、複数のイギリスメディアが報じている。

元カメルーン代表のFWサミュエル・エトーがプレミアリーグに復帰する可能性があると、複数のイギリスメディアが報じている。

過去にはレアル・マドリー、バルセロナ、インテル、チェルシーといった強豪クラブを渡り歩いたエトーだが、2015年7月に3年契約でトルコリーグのアンタルヤスポルに加入した。

35歳となった今もアンタルヤスポルでのプレーを続けているが、このところ、複数のイギリスメディアから、プレミアリーグへの復帰が噂されている。

ハル・シティのマイク・フェラン監督は、2日に行われたウェスト・ブロムウィッチ戦(1-3で敗北)終了後に、エトーについての興味を明かしている。

「今のところ何も分からないが、もしエトーがここへ来ることになれば、素晴らしいことだ。楽しみにしている」

冬の移籍市場でのエトーの動向は注目されるところだ。