ニュース ライブスコア

リヴァプールがイングランド代表GKハートに興味か…来夏の補強リストに

ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールが来夏に向けて、トリノのイングランド代表GKジョー・ハートの獲得に興味を示しているという。イギリス紙『ミラー』が報じている。

ハートは今夏、ジョゼップ・グアルディオラ監督がマンチェスター・シティに就任したことで、控えへと降格。レンタル移籍により、セリエAの中堅クラブであるトリノへ新天地を求めることを決断した。

その事情はリヴァプールのフロント陣もよく知っている。正GKのロリス・カリウスがプレミアリーグに上手く適応できていないという状況もあり、ハートに白羽の矢を立てた。

しかし、ハートはイタリアでの生活について「イングランドとは違うことが多い。だけど居心地は良いよ」と話しており、セリエAに上手く適応している。

来夏になれば、所属先のトリノだけではなく、セリエAの複数のクラブがイタリア国内への引き留めに動くと見られているほか、レスター・シティも獲得に興味を示しているとされている。

ハートは現在、所有権を持つマンチェスター・シティとの契約が2019年6月まで残っている。マンチェスター・シティとしても、負担の少ない完全移籍が望ましいと見られており、来夏に向けて、引く手あまたのハートの動向は注目されるところだ。