イブラヒモヴィッチとユナイテッドの新契約が間近に…代理人ライオラ氏が契約内容に言及

マンチェスター・U加入1年目からチーム最大の得点源として活躍しているイブラヒモヴィッチ。1年契約での加入だったが、新契約が近いうちに交わされる見通しのようだ。

今シーズン、1年契約でマンチェスター・Uに加入した元スウェーデン代表FWズタラン・イブラヒモヴィッチ。プレミアリーグでは第17節終了時点までに11ゴールを記録し、35歳の今も衰え知らずの決定力を披露している。

そのイブラヒモヴィッチに中国のチームから1億2000万ポンド(約175億円)に及ぶ巨額のオファーが用意されていると一部メディアで報じられていたが、代理人であるミノ・ライオラが『Sky』のインタビューで移籍話を一蹴している。

「イブラヒモヴィッチの契約は現時点で1年だが、2年目の新契約が提示される可能性が高いだろう」

「最初の契約の時点で、結果が良ければ2年目の新契約が締結されるオプションも含めていたので、我々にとっても、クラブにとっても延長契約は新しいものではなく、双方納得しての契約になる」

ライオラ氏は中国からのオファーについて「イブラヒモヴィッチ本人がまだまだ勝利に飢えている。そう考えていなかったらユナイテッドでプレーしていないだろう」と断言。中国リーグからのオファーには目もくれず、ユナイテッドとの新たな契約を結ぶ用意があると述べている。

ジョゼ・モウリーニョ監督が最大の得点源であるイブラヒモヴィッチとの新契約を希望する旨の発言をしていたが、当初より好成績による延長契約のオプションが付いており、近日中にイブラヒモヴィッチはマンチェスター・Uとの新契約にサインをすることになりそうだ。