ニュース ライブスコア

モウリーニョ監督がクラブ愛を語る「中国で稼ぐよりもユナイテッドの新契約を選ぶ」

マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、『スカイスポーツ』のインタビューで、「どんなにお金を詰まれた中国からの巨額オファーよりも、ユナイテッドからの新契約を選ぶ」と公言した。モウリーニョ監督は次のように述べている。

「私がユナイテッドを愛していることをスタッフも知っているし、ここでの仕事を愛していることは周知のとおりだ」

また、マルチェロ・リッピやアンドレ・ヴィラス・ボラスなど、欧州で実績ある監督が巨額のオファーを受けて中国リーグに新天地を求めるケースが多発している点について、「中国リーグからの巨額のオファーは誰にとっても魅力的だが、私はあくまでハイレベルな環境で指導をしたい。それに私はまだ53歳だ。現時点で中国のような場所で稼ぐつもりはない。ユナイテッドから新契約を提示されたら、迷わずそっちを選ぶ」と断言している。

モウリーニョ監督は今シーズンから2019年夏までの3年契約でマンチェスター・Uの監督に就任。過去にポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリーなどに数々のタイトルをもたらしてきた“優勝請負人”ながら、今シーズンはアントニオ・コンテ監督が指揮をする古巣チェルシーが首位を独走する一方で、ユナイテッドは第17節終了時点で首位とは勝ち点差13の6位に沈んでいる。