ニュース ライブスコア

リヴァプール正GKの座を争うミニョレ「カリウスとはいい関係にある」

14日に行われたプレミアリーグ第16節、ミドルスブラvsリヴァプールでは、それまで正GKとして重用されてきたロリス・カリウスに変わり、シモン・ミニョレが起用された。ミニョレは期待にこたえミドルスブラ相手にクリーンシート(3-0)で勝利を収めている。

ミニョレは久しぶりにリーグ戦で起用されることとなったが、ポジション争いの最中、イギリスメディアに対して次のように述べている。

「GKはポジションが一つだけで、その位置を守り続けることは簡単なことではない。ケガや調子がきっかけで出場機会なんてコロコロ変わるし、カリウスもこれは起こり得ることだと理解していると思うよ」

ミニョレにとってカリウスは正GKとしてのポジションを争うライバルと言えるが、「カリウスがいるおかげで僕も常にポジティブな気持ちで毎日の練習に励むことができるし、僕らはお互いが競争することで、互いを高めることができる、いい関係にあると思うよ」と、カリウスとの関係がモチベーションにいい影響をもたらしていると強調した。

リヴァプールは19日に、マージーサイドダービーの大一番、敵地でのエヴァートン戦が控えている。ユルゲン・クロップ監督は優勝争いに向けて負けられないダービーで、ミニョレとカリウスのどちらを起用するのか注目が集まる。