戦力外のシュバインシュタイガーは残留を希望…モウリーニョとの関係は「ノープロブレム」

「チャンスが与えられたらユナイテッドの助けになれる」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するドイツ代表MFのバスティアン・シュバインシュタイガーは、今後も“赤い悪魔”のためにプレーしていくと語った。イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

シュバインシュタイガーは今夏、ジョゼ・モウリーニョ監督から戦力外通告を受けた。指揮官からは、「ここに残る権利がある。契約を結んでいるわけだからね。ただし、ここで試合に出場するのは不可能とは言わないまでも、とても難しいことだ」と言い渡されたという。

しかし、シュバイニーは移籍を希望せず、あくまでもユナイテッドのためにプレーしていくと話している。

「今後もマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていきたいと願っている。ジョゼ・モウリーニョと、個人的な問題は何もないよ。プレーしたいし、まだまだできると信じている。もしチャンスが与えられたら、ユナイテッドの助けになれると思っているよ」

なお、一部で報じられているMLS行きの話に関しては、「ウインドウが閉まっている。だから今シーズンにどうこうという話にはならないだろう」と、アメリカ行きは否定した。