カブール、一身上の都合でサンダーランド退団へ ワトフォードと合意

再びロンドン近郊へ

サンダーランドは18日、DFユネス・カブールの移籍について、ワトフォードと合意に達したことを発表した。

元トッテナムのカブールは、「一身上の都合」でサンダーランドから離れることを望んだという。そして、ロンドン近郊に戻ることが決まるようだ。

サンダーランドは18日、次のように発表した。

「サンダーランドは、ユネス・カブールについてワトフォードからのオファーを受け入れたことを認める。ユネスはこの数日、デイビッド・モイーズと話し合い、彼は一身上の都合で退団したいという意思を示した」

カブール本人は、以下のように述べている。

「自分にとって簡単な状況ではない。ただ、クラブと監督は僕の状況に理解を示してくれた。そのことに感謝している。このクラブに来たときから、サンダーランドのファンは僕によくしてくれた。僕が苦しみ抜いてこの決断をしたことを理解してくれることを願っている」

なお、ワトフォードはカブールの移籍金として400万ポンドを支払うことになるようだ。