ヤヤ・トゥーレは移籍の意思なし 代理人が「残留して戦う」と語る

指揮官の信頼をつかめるか

マンチェスター・シティMFヤヤ・トゥーレは、残留を希望している。同選手の代理人が語った。

Y・トゥーレはプレミアリーグ第1節でメンバーから外れたことが話題となっている。ただ、選手本人はシティで戦い続けることを望んでおり、代理人は以下のように語った。

「ペップは世界でベストの監督で、これからヤヤに機会を与えてくれることを願う。ヤヤは完璧なプロ意識を持っており、自分の仕事をしていく。シティのファンは、彼がベストを尽くすと知っている」

「サンダーランド戦とブカレスト行きのメンバーには入っていないが問題ない。彼は今、プレーにフィットしているところだ。グアルディオラは起用できる選手のすべてを学ばなければいけない。サンダーランド戦のパフォーマンスは完璧ではなかった」

「ヤヤが素晴らしい選手であることは練習や試合で証明される。移籍の話はない。ヤヤは残って戦う」

ジョゼップ・グアルディオラ監督は、初戦でメンバー外だった選手が構想外ということではないと話していた。これから状況は変わるだろうか。