エヴァートン、クリスタル・パレスからボラシエを獲得

「お金じゃなくて、クラブの野心」

エヴァートンは15日、クリスタル・パレスからFWヤニク・ボラシエ(27)を獲得したことを発表した。契約期間は5年となっている。

2012年からクリスタル・パレスに所属していたボラシエは、プレミアリーグ第1節のウェスト・ブロムウィッチ戦に途中出場していたが、エヴァートンへ移籍することが決まった。

新天地の公式サイトで、同選手が次のように語っている。

「エヴァートンのユニフォームを着たいと思っていた。ここはビッグクラブだ。何年にもわたって対戦してきたから、そのことは分かっている。お金じゃなくて、クラブの野心が大事だった」

ロナルド・クーマン監督の存在も大きいようだ。

「僕はサッカーがしたい。ロナルド・クーマンのような人から学ぶことにすごく興味がある。今シーズンはとても面白くなりそうだ。エヴァートンの一員として楽しみたいと思う」

開幕戦でトッテナムと引き分けたエヴァートンは、第2節でウェスト・ブロムウィッチと対戦する。