岡崎所属レスターに新戦力 ハノーファー守護神ツィーラー獲得が決定

日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティに、来季に向けた新戦力の加入が決定した。ハノーファーからGKロン=ロベルト・ツィーラー(27)の獲得が決定したことが発表されている。契約期間は4年間となる。

MF清武弘嗣、山口蛍、DF酒井宏樹の日本人3選手も奮闘したハノーファーだが、2015-16シーズンのブンデスリーガを最下位で終えて2部降格が決定。ドイツ代表歴もあるツィーラーは、新天地としてプレミアリーグ王者へ移籍することが濃厚だと数日前から報じられていた。

ツィーラーは、トップチームでの公式戦出場はなかったがかつてマンチェスター・ユナイテッドに所属していた。6年ぶりのイングランド復帰であり、当時チームメートだったDFダニー・シンプソンやMFダニー・ドリンクウォーターらと再会することになる。

レスター加入決定に際し、ツィーラーは次のようにコメントしている。

「レスターに来て、あれほど素晴らしいシーズンを過ごしたクラブに加入するのは最高の気分だ。このクラブの一員となることができて本当にうれしい」

「練習場の周囲を見せてもらったが、素晴らしい場所だと思えるよ。スタジアムも訪れて、雰囲気やファンの素晴らしさについて話を聞いた。すごく良い第一印象だ」

プレミアリーグ制覇の快挙を成し遂げた今シーズンは、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが不動の守護神として全試合でゴールを守った。チャンピオンズリーグにも参戦する来季はレベルの高い定位置争いが繰り広げられることになりそうだ。