モウリーニョ、ユナイテッドに来週までの決断求める? PSGと交渉中とも

パリ・サンジェルマン(PSG)がジョゼ・モウリーニョ氏と交渉しているという。“スペシャルワン”を手に入れたいなら、マンチェスター・ユナイテッドは急ぐべきだそうだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

ルイス・ファン・ハール監督の去就が決まっていないユナイテッドは、以前からモウリーニョ氏の招へいが噂されている。だが、シーズンが終わりに近づいた現在も、来季の体制は不透明だ。

『デイリー・メール』は、モウリーニョ氏が来週までに結論を出すことを望んでおり、ユナイテッドがすぐに動かなければ同氏を失うことになると報じた。

そしてそのモウリーニョ氏は、ローラン・ブラン監督の後任としてPSGの新指揮官に就任することに前向きという。PSGはブラン監督との2018年まで延長したが、今季のチャンピオンズリーグでベスト8敗退に終わり、ナセル・アル・ケライフィ会長が再考しているというのだ。

以前から夏の現場復帰を強調してきたモウリーニョ氏は、ユナイテッドに“最後通告”を突きつけたのだろうか。報道のとおりであれば、エド・ウッドワードCEOは難しいかじ取りを迫られそうだ。