モウリーニョ氏、ユナイテッド行きの可能性は…? 「時間は十分にある」と明言避ける

マンチェスター・ユナイテッドが来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃しそうな状況に追い込まれたことを、来季の監督候補に挙げられる男はどう捉えているのだろうか。ジョゼ・モウリーニョ氏はユナイテッドの結果を気にかけない様子を見せている。

プレミアリーグの上位争いからは早々と脱落し、4位以内でのCL出場権確保を最後の目標としてきたユナイテッドだが、10日のウェスト・ハム戦には2-3で敗戦。この結果、4位マンチェスター・シティと2ポイント差の5位で最終節を迎えることになった。得失点差を考えれば、4位に滑り込むためにはシティの敗戦を願うしかない状況だ。

FAカップ決勝でタイトル獲得の可能性も残されているとはいえ、CL出場を逃せば結局ルイス・ファン・ハール監督は解任されることになってしまうかもしれない。その場合の有力な新監督候補に挙げられるのがモウリーニョ氏だ。

ウェスト・ハム戦の黒星はモウリーニョ氏のユナイテッド行きの可能性を高めた一戦となったかもしれないが、同氏はこの試合を観ていなかったという。メキシコで行われた「FIFAレジェンドチーム」の試合で指揮を執るため飛行機での移動の最中だった。

この試合の結果が自身の未来に影響することになるかと空港で問われたモウリーニョ氏は、肯定も否定もせず「時間は十分にあるよ」と答えたという。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

一方で、モウリーニョ氏と密接な関係にある人物によれば、同氏の来季の去就はまだ不確定なようだ。インターナショナル・チャンピオンズカップを主催する「レラバント・スポーツ」のチャーリー・スティリターノ監督はアメリカのラジオに次のように語った。

「ジョゼ・モウリーニョとはたくさん話をしているが、彼がどこに行くのかは分からないよ。彼自身にも分からないことだと思う」