ニューカッスルとノリッジの降格が決定 生き残ったのはサンダーランド

11日、プレミアリーグで残留争い中のサンダーランドとノリッジが、それぞれ試合を行った。どちらも勝利を収め、サンダーランドの残留が決定。ニューカッスルとノリッジの降格が決定した。

17位サンダーランドは、ホームでエヴァートンと対戦して3-0と快勝、残留を決めている。

週末のチェルシー戦で価値ある勝利を収めたサンダーランドは、38分にファン・アーンホルトがFKを決めて先制すると、42分にはCKの流れからコネがボレーシュートを突き刺して2-0。55分にはCKで直接ゴールを狙うも間一髪でGKに止められた。しかし、こぼれ球を再びコネが詰めて3点差としている。

ノリッジはワトフォードに4-2で勝利してニューカッスルと勝ち点で並んだものの、17位サンダーランドとは勝ち点4差。最終節で勝っても届かないため、ノリッジとニューカッスルの2部降格が決まっている。