リヴァプール、サコがドーピング違反か 当面の起用を見送り

リヴァプールは23日、クラブの公式ウェブサイトで、DFママドゥ・サコがUEFAのドーピング検査をクリアできなかったと明かした。処分は科されていないが、当面は起用を見送ると発表している。

クラブやUEFAの発表によると、サコはドーピング検査で禁止物質が検出された。26日までにBサンプルの提出と説明が求められている。UEFAは「現時点で規律処分の手続きは開始されていない」と明かした。

『BBC』などイギリスメディアによると、サコは3月17日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦セカンドレグのマンチェスター・ユナイテッド戦でドーピング検査をクリアできなかった様子。脂肪を燃焼させる薬の物質が見つかったようだ。

サコはボルシア・ドルトムントとのEL準々決勝セカンドレグで同点弾となるゴールを挙げ、ベスト4進出に貢献。20日に行われたプレミアリーグでのマージーサイドダービーでも、チームの2点目を決めてエヴァートン撃破に貢献している。

現時点で処分はないが、リヴァプールは選手やテクニカルスタッフとの協議の末、当面はサコを起用しないことに決定した。リヴァプールは23日、プレミアリーグ第35節でニューカッスルと対戦したが、サコは不在。試合はリヴァプールが2点を先行しながら追いつかれ、2-2と引き分けた。

フランス代表のサコは今後処分が科されれば、EURO2016にも出場できない恐れがある。