アーセナルにイブラ獲得を勧めるファーディナンド氏 「欠けているメンタリティーを加える」

元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏が、アーセナルにFWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を勧めた。パリ・サンジェルマン(PSG)での活躍ぶりから、大きなプラスをもたらすだろうと語っている。

9日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、PSGはチェルシーをアウェーで2-1と下し、ベスト8進出を決めた。イブラヒモビッチは1得点1アシストの活躍で、勝利と勝ち抜きに貢献している。

イブラヒモビッチは今季限りでPSGとの契約が切れるため、今夏にフリートランスファーで獲得できる。プレミアリーグのクラブ相手の活躍が、ファーディナンド氏には強く印象に残ったようだ。イギリス『BTスポーツ』でのコメントを、イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

「イブラヒモビッチは34歳にして、イングランドのクラブが注目すべき存在であることを証明したね。彼はタイトル獲得の促進剤になれる。なぜなら、実際に勝ち取ってきているからだ」

「この試合は、彼のトップレベルのプレーによって決まった。プレーの中心となり、先制点をアシストして、自らもゴールを決めたからね」

ファーディナンド氏は、イブラヒモビッチの実績と強気の性格は、アーセナルに必要なものだと指摘した。

>