ニュース ライブスコア

ベニテス、モイーズ、ロジャース…降格危機のニューカッスル、次期監督は?

プレミアリーグからの降格の危機にあるニューカッスルは、スティーブ・マクラーレン監督の進退が一両日中に決まるとも言われている。後任候補には、数々のビッグネームが挙がっているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。

ニューカッスルは5日、第29節でボーンマスにホームで1-3と敗れた。勝ち点24で19位と降格の懸念が増しており、サポーターは不満を募らせている。マクラーレン監督は試合後、「諦めたくない」と続投を望んだが、「私が決められることではない」とも述べており、イギリスメディアは新監督候補について報じている。

その一人が、今季途中でレアル・マドリーを追いやられたラファエル・ベニテス氏だ。だが、オーナーはベニテス氏よりも、エヴァートンやマンチェスター・ユナイテッドを率いたデイビッド・モイーズ氏の招へいにより関心を示しているという。『ガーディアン』によると、モイーズ氏本人も就任に前向きだそうだ。

そのほかにも、今季途中でリヴァプールに解任されたブレンダン・ロジャース氏や、クラウディオ・ラニエリ監督の前にレスター・シティを率いていたナイジェル・ピアソン氏も候補に挙がっている。

ニューカッスルは14日、プレミアリーグ第30節でレスターと対戦する。ベンチに座っているのは、マクラーレン監督なのか、それとも…