チェルシー若手サイドバック、今度は母国ブラジルにレンタル移籍

チェルシーDFウォラス(21)が、グレミオにレンタルで移籍することが決まった。チェルシーの公式サイトで発表されている。

U-20ブラジル代表経験があるウォラスは、2013年にフルミネンセからチェルシーに移籍した。しかし、チェルシーではまだ出番を得られていない。インテル、フィテッセへのレンタルを経験した後、今シーズン前半戦はイタリアのカルピにレンタルされていたものの、目立った活躍を見せられず、半年でまた異なるクラブへと渡ることになった。

ブラジルに戻るウォラスは、2017年6月までの1年半のレンタルとなる。母国で才能を開花させることができるだろうか。