ニューカッスル、新監督にヴィエラ氏招へいも? マクラーレン氏に次ぐ候補に浮上か

ニューカッスルの新監督に、元フランス代表MFのパトリック・ヴィエラ氏が就任する可能性があるとイギリス複数メディアが伝えている。

アーセナルで長年にわたって活躍し、その後イングランドではマンチェスター・シティでもプレーして現役を終えたヴィエラ氏は、現在シティの育成部門でユース選手の指導にあたっている。

ニューカッスルは1月に就任したジョン・カーバー監督の下で順位を下げ、最終的には辛うじてプレミアリーグに残留。カーバー監督の続投の見込みは小さいと見られ、来季の新監督としては以前からスティーブ・マクラーレン氏が濃厚と伝えられてきた。

先日ダービー・カウンティ監督を解任されたマクラーレン氏が最有力であることは変わらないが、ヴィエラ氏が候補の2番手に浮上してきたという。同氏は近日中にニューカッスルと会談を予定しているとイギリス『スカイ・スポーツ』は伝えている。

ニューカッスルの新監督候補としては、ラージョ・バジェカーノのパコ・ヘメス監督の招へいの可能性もスペインで報じられたほか、レアル・ソシエダのデイビッド・モイーズ監督やレフウィヤ(カタール)のミカエル・ラウドルップ監督、3部バートン・アルビオンのジミー・フロイト・ハッセルバインク監督なども噂に上がっているようだ。