ニュース ライブスコア

チェルシー退団に向かうチェフ 「来季もこれが続くのは…」

チェルシーGKペトル・チェフは、今シーズン終了後に移籍するつもりのようだ。同選手が、母国メディアに語った。

2004年からチェルシーで守護神を務めてきたチェフだが、今シーズンはティボ・クルトゥワにその座を奪われ、ベンチで過ごす時間が長くなっている。

チェコ代表のチェフが、『idnes』に対してコメント。その内容を、イギリスメディアが伝えた。

「クラブの考えは分からない。僕とティボでうまくいっているね。でも、これがうまくいくのは1シーズンだけだ。こういったシーズンが次も続くのは嫌だね」

ただ、将来について考えるのはシーズンが終わってからだとした。

「憶測は常にある。それは夏までとっておくよ。クラブや監督と、しっかり話し合うことが大事だ。僕たちにとって何がベストなのかを探っていく」

レアル・マドリー移籍の噂にも触れた。

「オファーがきたときに僕は考慮する。無視できないオファーというのもあるね」

出場した試合では今でも安定したパフォーマンスを続けるチェフ。チェルシーでの生活は終わりに近づいているのだろうか。