スコールズ氏が批判のエジル、ヴェンゲルが擁護 「ハードワークしている」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、MFメスト・エジルとFWダニー・ウェルベックを擁護した。

元イングランド代表のポール・スコールズ氏はイギリスメディアで、「加入してからの彼のクオリティーに疑いはないが、時々彼はプレーしているふりをしている」とエジルに批判的なコメントを残している。

だが、ヴェンゲル監督はこれに対し「フェアではない」と反論した。イギリスメディアが伝えている。

「間違っているよ。彼は大変なハードワークをしているし、素晴らしい選手だ。スコールズのような選手は、エジルとプレーしたかったはずだよ」

「私は彼のクオリティーを信じている。彼はチームを助けるために大変な努力をしている。プレースタイルから少しだまされるかもしれないが、そうじゃないんだ」

また、ヴェンゲル監督は9日のFAカップ準々決勝マンチェスター・ユナイテッド戦を前に、ユナイテッドから加入したウェルベックについても次のように述べた。

「彼は非常に重要な選手であり、開幕からたくさんの試合に出場している。データを見れば、彼があまりプレーしていないという話が間違っていることが分かるだろう。彼はウチで最もプレーしている選手の一人だ」