サウサンプトン、ブレーメンからエリアを獲得

今季末までのレンタル、来季の完全移籍も視野
サウサンプトンは23日、クラブの公式ウェブサイトで、ブレーメンからFWエライロ・エリア(27)を獲得したことを発表した。「シーズン後の完全移籍も見据えた」今季いっぱいのレンタル移籍だ。

トゥエンテで活躍したエリアは、ハンブルガーSVやユヴェントスではインパクトを残せず、2012年にブレーメンに加入。今季はブンデスリーガで9試合に出場し、ゴールは挙げていない。

サウサンプトンは長期離脱中のFWジェイ・ロドリゲスが復帰先送りとなり、セネガル代表MFサディオ・マネがアフリカ・ネーションズカップで離脱する。これを受け、エリアの獲得に動いたようだ。

ロナルド・クーマン監督は獲得発表前の23日の会見で、エリアについて次のように述べていた。クラブの公式ウェブサイトがコメントを伝えている。

「彼は1月に獲得を目指していた選手の一人だ。獲得できれば、良いオプションとなる。我々はこの位置の選手を必要としているんだ。我々は、クオリティーがあり、1対1で勝負できるスピードのある選手が好きなんだよ」

「彼は元オランダ代表で、ドイツではそれほどうまくいっていなかったが、私は彼のクオリティーを信じている」