トッテナム、イェドリンの1月加入を発表

指揮官も満足 「素晴らしいポテンシャル」
トッテナムは23日、クラブの公式ウェブサイトで、シアトル・サウンダースからアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリン(21)が1月に加入すると発表した。

8月にイェドリンの獲得を決め、4年契約を結んだトッテナムだが、同選手は2015年夏の加入までサウンダースに残留する予定だった。

だが、以前から可能性が報じられていたとおり、イェドリンは予定を早めて1月に加入することとなった。イギリス『BBC』などによると、労働許可証取得の問題もクリアできているようだ。

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、次のようにイェドリン加入を喜んでいる。

「デアンドレは若くて素晴らしいポテンシャルを持つ選手だ。すでにMLSで多くのことを成し遂げてきた」

「彼の成長には、ピッチ内外での新たな環境に適応するための時間を与えることが重要だ。我々は、1月に加入することで、そのための最善の機会を彼に与えることができると信じている」