リヴァプールやインテルがFFP違反疑惑で調査対象に

UEFAは7クラブを調査
UEFAは25日、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)に違反している可能性があるとして、リヴァプールやインテルといったクラブを調査の対象とすると発表した。

UEFAが調査対象としたのは、リヴァプールとインテルのほかに、モナコ、ローマ、ベジクタシュ、クラスノダル、スポルティング・リスボンの計7クラブ。声明によると、それぞれのクラブは処分の前に、10月と11月にモニタリング情報の提出をしなければいけない。

UEFAは今年5月、FFP違反でマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンなどを処分していた。