プレミア、8月の月間最優秀賞はD・コスタとモンク

好調のチェルシーとスウォンジーから選出
プレミアリーグは12日、8月の月間最優秀選手にチェルシーFWジエゴ・コスタ、月間最優秀監督にスウォンジー・シティのギャリー・モンク監督を選出したことを発表した。

この夏アトレティコ・マドリーからチェルシーに加入したD・コスタは、プレミアリーグ開幕から3試合で4ゴールを記録。開幕3連勝に貢献した。

一方、昨季途中からスウォンジーを率いたモンク監督は、開幕戦でマンチェスター・ユナイテッドを相手に敵地で金星をあげると、続くバーンリー戦、ウェスト・ブロムウィッチ戦もクリーンシートで勝利。チェルシーとともに開幕3連勝で首位タイに立っている。

チェルシーとスウォンジーは13日の第4節で直接対決を迎える。どちらが唯一の4連勝を飾るのか、あるいはドローに終わるのか、スタンフォード・ブリッジでの一戦は注目が集まりそうだ。

なお、8月の月間最優秀監督賞にノミネートされていたのは、モンク監督のほかにチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督と、アストン・ヴィラのポール・ランバート監督だった。月間最優秀選手賞にノミネートされていたのは、D・コスタのほかにチームメートのMFセスク・ファブレガス、スウォンジーのMFネイサン・ダイアーとMFギルフィ・シグルズソン、アストン・ヴィラFWアンドレアス・バイマンだった。