QPRがコーカー獲得を発表

リオのパートナーを確保
QPRは22日、カーディフからDFスティーブン・コーカー(22)を獲得したことを発表した。契約期間は4年。移籍金は850万ポンド程度と報じられている。

プレミアリーグに戻ってくるQPRは、すでにリオ・ファーディナンドと契約してCBを強化している。そこに、以前から獲得が噂されていた有望株が加わることになった。

コーカーはクラブの公式サイトで次のように話している。

「ここにくることができて、とてもわくわくしている。プレミアリーグでプレーすることは僕にとって大事だった。そして、ハリー・レドナップがこのファンタスティックなクラブでプレーする機会をくれたんだ」

「ハリーとはトッテナムで一緒だった。僕にとって、大きな誘因だったよ。彼が熱心に僕の獲得を望んでくれた。自分を欲しがってくれる人のもとでプレーすることは大きなことだね」

さらに、ファーディナンドの存在も大きかったようだ。

「リオとプレーできることも大きなことだ。レドリー・キングとともに、彼は僕にとっての長年のロールモデルだった。彼と一緒にプレーすることは、逃せない機会だと感じたよ」