リヴァモア、インテルでなくハルを選んだインスに共感

成長を目指す若手たち
トッテナムからハル・シティへ完全移籍したMFジェイク・リヴァモアは、新チームに良いイメージを持っている。FWトム・インスがインテルではなくハルを選んだこともうなずけると話した。

T・インスはインテルへの移籍に迫っていたが、最終的にはハルと2年契約を交わした。

昨シーズン、レンタルでハルに加わってコンスタントにプレーしたリヴァモアは、次のように話している。

「ここにきてプレミアリーグでプレーすることは、彼にとって大きな機会だ。彼には大きな才能がある。僕たちとここで一緒に戦い成長することは大きいよ」

「『もっと大きいクラブに行けたのに』と言われることは多い。でも最終的には、監督や周囲を見ればハッピーになることができる。僕にはトッテナムに残って待つという簡単なオプションもあった。僕は何かの一部でありたかった。そして、ハル・シティを手助けしたいんだ」