マケダ、カーディフ移籍が決定

3年契約が発表
チャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフ・シティは27日、クラブの公式ウェブサイトで、FWフェデリコ・マケダ(22)を獲得したことを発表した。契約期間は3年となっている。

マンチェスター・ユナイテッドでデビュー当初に大きな期待を寄せられたマケダ。だが、その後はレンタル生活が続き、今年1月からはチャンピオンシップのバーミンガムでプレー。18試合で10ゴールを記録した。

ユナイテッドとの契約は今季で満了となるため、マケダは新天地を探していた。そして選んだのが、ユナイテッドのリザーブチームで指導を受けたオレ・グンナー・スールシャール監督が率いるカーディフだ。来季、1部復帰を目指すカーディフに加入することを決めたマケダは、クラブの公式ウェブサイトで次のように話している。

「僕にとって大きなチャンスだ。スールシャールのおかげで僕はここに来ることができた。彼の存在が決断する上で大きかったんだ。スタートするのが本当に待ち遠しい。バーミンガムへのレンタルは良かったけど、これはキャリアの新たなチャプターとなる。早く自分が何者かを示したい」

「監督はできるだけ早くプレミアリーグに戻りたいと望んでいる。最近の補強がそれを示しているね。僕がここに来た理由も同じだ。素晴らしいチームだと感じている。良いシーズンにすることができ、ハードワークをすれば、僕らは(1部に)戻ることができるはずだ」