ヴィディッチ:「モイーズとはやりにくかった」

苦難のラストシーズンを振り返る
マンチェスター・ユナイテッドDFネマニャ・ヴィディッチは、厳しい結果に終わった2013-14シーズンを振り返り、デイビッド・モイーズ前監督の手法を選手たちがうまく受け入れることができなかったと語った。

ユナイテッドを退団してこの夏にインテルへ移籍することが決定しているヴィディッチだが、最後のシーズンは望まぬ結果に終わってしまった。昨年夏に就任したデイビッド・モイーズ前監督は新たな長期政権を築くことが期待されていたが、4試合を残して解任。最後はMFライアン・ギグスが暫定監督としてチームを率いた。

プレミアリーグ創設後のユナイテッドの最少勝ち点を大幅に更新し、チャンピオンズリーグどころかヨーロッパリーグの出場権獲得も逃したシーズンについて、ヴィディッチはイギリス『デイリー・テレグラフ』のインタビューで次のように話している。

「変化があった。サッカー観が異なる誰かがやってきて、チームに自分の色を出させようとして、自分の望むやり方でプレーさせようとした。ライアン・ギグスはサー・アレックス・ファーガソンと同じ考えを持っていて、アプローチもサー・アレックスに似通っている。選手たちはそれに慣れていて、よりやりやすいと感じられた」

「デイビッド・モイーズのやり方が悪かったと言うつもりはないが、選手たちにとってはよりプレーしやすいやり方があったということだ。彼は本当に必死に頑張ろうとしていたし、プロフェッショナルだった。仕事に専念し、何が何でも良い結果を出したいと望んでいた。だが残念ながらそうはならず、僕らはみんな悲しく思っている」

早期にタイトル獲得の可能性が絶たれたことで自信を失い、選手間で議論を交わすことも多かったとヴィディッチは振り返る。

「悪い時期もあるし、もちろん自分自身に疑問を持つようなこともある。でも、僕らは決して監督に疑問を持ったわけじゃない。それよりも自分たち自身に対しての疑問だった。今年のタイトル獲得は難しいんじゃないかとは思っていたけど、それでもトロフィーに挑戦できるかもしれないと思っていた。結局早い段階でリーグ優勝の可能性を失い、カップ戦でも敗退してしまった」

「僕らはシーズン最終日までタイトルを争うことに慣れていた。過去7年間そうだったけど、こうなったのは今年が初めてだったので、受け入れるのは難しかった。今年はいつも以上にチーム内で議論を交わしたよ。良くしたいと思っていたからね。ドレッシングルーム内で、選手たちの間で厳しい時期を過ごしたこともあった」