サニャの移籍は決定的?

契約延長交渉が難航
アーセナルDFバカリ・サニャが、シーズン終了後に移籍する可能性が高くなってきたようだ。

2007年にオセールからアーセナルに加入したサニャは、今季アーセナルで7年目のシーズンを迎えている。今シーズン終了後に契約が満了するサニャに対して、アーセナルは2年間の契約延長オファーをしているようだが、サニャは3年間の契約を望んでおり交渉が暗礁に乗り上げている。

サニャがチームメートに対して、シーズン終了後の移籍を示唆したと、イギリス『メトロ』が報じていることもあり、移籍に向けた準備を進めている可能性もありそうだ。

サニャはアーセナルで272試合に出場し、これまでチームの主力として活躍してきたが、アーセナルではタイトルを獲得していない。

なお、サニャ獲得にはパリ・サンジェルマン、インテル、ガラタサライなどが関心を示していると伝えられている。