モイーズ:「運がなかった」

P・ジョーンズは大事に至らず
マンチェスター・ユナイテッドは1日、プレミアリーグ第24節のストーク・シティ戦に臨み、敵地ブリタニアで1ー2と敗れた。デイビッド・モイーズ監督は運がなかったと感じている。

ユナイテッドはこの試合でDFジョニー・エヴァンズとDFフィル・ジョーンズが負傷した。38分に先制点を許した場面は、相手MFチャーリー・アダムのFKがMFマイケル・キャリックに当たって決まったものだった。

試合後のモイーズ監督のコメントが、クラブの公式サイトで伝えられている。

「プレーは良かった。ただ、運がなかった。とはいえ、チャンスを生かせなかったのは自分たちの責任だ」

「(相手の先制点は)この試合を象徴していると思う。試合をコントロールしていたのは我々だったが、外れそうなシュートが決まった」

負傷者2人についても話した。特に頭部にダメージを受けて担架で運ばれたP・ジョーンズの状態は心配されたが、モイーズ監督は「OKだ」と話す。

「意識がない時間もあったが、彼は検査を受けた。病院でも診たが、問題はなかった。メディカルチームはすべてにおいて適切だった」

11分で交代したエヴァンズは、ふくらはぎを負傷している。