ハイティンガ、エヴァートンからフラムへ移籍

W杯出場を見据え新天地へ
フラムは31日、エヴァートンからオランダ代表DFヨン・ハイティンガ(30)を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。最初の契約は今シーズン末までとなる。

今季プレミアリーグで出場機会を得ることができず、ハイティンガはブラジル・ワールドカップ出場を見据えて移籍を希望していた。当初有力な移籍先候補とされたウェスト・ハム行きは合意しなかったが、最終的にフラムを選ぶことになった。

「移籍を完了させることができてうれしい。僕自身にとって良い移籍だと思う。フラムを選んだのは良いフィーリングが感じられたからだし、レネ(・ミューレンスティーン監督)と話をしたこともすごく大きかった」とハイティンガはフラム加入に際してコメントしている。

フラムは31日にFWディミタール・ベルバトフをモナコに放出する一方で、トッテナムからMFルイス・ホルトビー、オリンピアコスからFWコンスタンティノス・ミトログルを獲得と積極的な動きを見せた。また、DFフィリップ・センデロスはフリー移籍でバレンシアへ移ることが決定している。