ジョーンズとオデムウィンギーのトレードが完了

両チームが発表
カーディフは28日、ストーク・シティからFWケンウィン・ジョーンズ(29)を獲得した。一方で、ストークはカーディフからFWピーター・オデムウィンギー(32)を獲得している。それぞれの公式サイトで発表された。

2人のトレードはクラブ間で合意に達していた。メディカルチェックを無事に終えて、取引が成立している。

オデムウィンギーは、シーズン途中からチームを率いるオレ・グンナー・スールシャール監督の信頼を得られなかった。そのオデムウィンギーの力を求めたマーク・ヒューズ監督は、クラブの公式サイトで次のように話している。

「ピーターとサインできて、我々はうれしく思う。カーディフでは、彼が期待したようにはいかなかった。そして、新しいスタートを切りたいと思っている」

カーディフはオデムウィンギーとの契約が1年半と発表した。ジョーンズの契約期間は明かされていない。