マジョルカへの移籍を示唆するエトー

今季終了後にチェルシーとの契約が満了
チェルシーFWサミュエル・エトーは、古巣マジョルカへの移籍を検討しているようだ。

エトーは1999年から2004年までの5年間マジョルカでプレーし、2004年の夏にバルセロナへ移籍した。その後は、インテル、アンジ・マハチカラを経て、今季からチェルシーでプレーしている。

エトーのコメントを、欧州複数のメディアは、以下のように伝えている。

「僕はバルサのことが好きだよ。だけど、個人的にはマジョルカの方が好きなんだ。僕の息子はマジョルカでキャリアを終わらせるようにプレッシャーをかけてくるんだ。彼はマジョルカで生まれているからね。今季はチェルシーと契約をしている。だから、僕はここで楽しむよ。それが終わったら、マジョルカに行くんだ」