ニュース ライブスコア

モイーズもヤングのダイブに忠告

マンチェスター・ユナイテッドは14日に行われたプレミアリーグ第4節でクリスタル・パレスに2ー0で勝利した。デイビッド・モイーズ監督は、審判を欺くような行為があったMFアシュリー・ヤングと話し合う準備があるようだ。

先発でピッチに立ったヤングは、19分にシミュレーションで警告を受けた。前半終了間際にはペナルティーエリア内で倒されたとしてPKを獲得し、相手DFカギソ・ディクガコイを退場に追い込んでいる。

ヤングの警告について問われたモイーズ監督は、シミュレーションに不満を持っている様子。試合後の同指揮官のコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

「私は、自分の選手がダイブをするのを好まない。誰にもやってほしくない」

PK獲得の場面については、ルールに問題があると感じている。

「最後のDFが倒したら毎回そうなる(退場になる)ルールはあまり好きではない。厳しいジャッジだと思う。私がイアン・ホロウェイ(クリスタル・パレス監督)だったら、失望していただろう。PKで問題ないが、相手を倒すためのプレーではないはずだ。残念ながら、それがルールだ」

ヤングは過去にサー・アレックス・ファーガソン前監督にも、ダイブ癖について苦言を呈されたことがある。