モウリーニョ:「D・バへのアーセナルのオファーを断った」

エジル加入のライバルを警戒
チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、レアル・マドリーからアーセナルへの移籍が決定したMFメスト・エジルを称賛するとともに、FWデンバ・バに対するアーセナルからのオファーを断ったことを明かしている。

エジルはモウリーニョ監督がマドリー就任1年目に獲得し、昨季までの3年間をともに過ごした選手だった。プレミアリーグで敵として戦うことになった同選手についてのモウリーニョ監督のコメントを、スペイン『マルカ』などが伝えた。

「エジルは唯一無二の選手だ。彼のコピーは存在しない。世界最高の『10番』だ。彼のビジョンやプレーの選択は、私やチームメートたちをすごく楽にさせてくれていた」

「世界中の誰もが彼のことを大好きだ。彼には(ルイス・)フィーゴのような部分もあるし、(ジネディーヌ・)ジダンのような部分もある」

モウリーニョ監督はエジルの加入を知ったことで、アーセナルが強力なライバルとなることを恐れてD・バの移籍に応じなかったようだ。

「我々はデンバ・バへのアーセナルのオファーを受け入れなかった。エジルの加入によって、彼らはタイトルを争うチームになるからだ」

イギリス『デイリー・メール』は、アーセナルのD・バ獲得に向けた交渉はかなり進展し、メディカルチェックの準備をする段階まで来ていたと述べている。