パウリーニョにランパードを感じるビラス=ボアス

得点力に期待
トッテナムを率いるアンドレ・ビラス=ボアス監督が、新戦力のMFパウリーニョをたたえた。同指揮官は、パウリーニョをチェルシーMFフランク・ランパードと比較している。

ブラジル代表のパウリーニョは、コンフェデレーションズカップ終了後にトッテナムの一員となった。ビラス=ボアス監督は、パウリーニョの得点力に確信を持っており、次のように話している。

「フランクは最高のオールラウンドプレーヤーで、多くのトロフィーを掲げてきた。強烈な成功を収めてきた選手だ。パウリーニョにとって、基準となる最高の模範を見られることは素晴らしい。そのタイプで最高のMFだ。ゴールの嗅覚を持った中盤だね。彼は今シーズン、トッテナムのために多くのゴールを挙げると思っているよ」

トッテナムは18日、プレミアリーグ第1節でクリスタル・パレスと対戦する。