ユナイテッド、ギグスを選手兼コーチに任命

新監督モイーズを補佐
マンチェスター・ユナイテッドは4日、MFライアン・ギグス(39)を選手兼コーチに任命したことを発表した。

今年3月にユナイテッドとの契約を2014年6月まで延長し、選手として24年目のシーズンを迎えるギグスだが、2013-14シーズンからは新たな役割も加わることになった。デイビッド・モイーズ新監督の補佐として、コーチも兼任することになる。

現役引退後に指導者の道に進むこともにらみ、監督資格取得のための講習も受けていたギグスは、コーチ兼任の決定についてクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「選手兼コーチに任命されたのはとても名誉なことだ。長年にわたって選手としてユナイテッドのファミリーの一員であり続けてきた経験を生かしたい」

「今回のことは、未来のキャリアのための最初のステップだと捉えている。デイビッドとチームとともに仕事をしていくのが本当に楽しみだ」

モイーズ監督も、ギグスをコーチングスタッフの一員に加える喜びを述べた。

「ライアンが選手兼コーチになるチャンスを受け入れてくれてうれしい。長年にわたって成功を収め、プレーへの適応能力を見せてきた彼は、現代サッカーを知り尽くしている」

「彼のキャリアは、野心のある若い選手たちにとって模範となるものだ。彼自身にとっても選手たちにとっても、彼の新しい役割はプラスになると確信している」