パウリーニョ:「ランパードの後に続きたい」

ジダンへの憧れも語る
コリンチャンスからトッテナムへの移籍が確実となったブラジル代表MFパウリーニョは、チェルシーMFフランク・ランパードを目標としてプレミアリーグで活躍することを心に誓っているようだ。

ブラジル『ESPN』の番組に出演したパウリーニョは、リベルタドーレス杯でボカ・ジュニオルスと対戦した際にMFフアン・ロマン・リケルメから「ランパードのようだ」と称賛されたことを明かしつつ、次のように語った。

「ランパードのことはいつも見ている。本当に素晴らしい選手だと思っているよ。彼のキックも、ポジション取りも…本当にすごい選手だ」

「比較されるのは責任を伴うけど、そこから逃げるつもりはない。ランパードはチェルシーだけでなく、世界でも偉大な選手だ。彼の歩んできた道に続きたいと思っている。すごくプロ意識の高い選手で、(チェルシーのチームメートの)ダビド・ルイスはいつも彼のことを話している」

パウリーニョはまた、憧れの選手として元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏の名前を挙げている。

「ファンとしてずっと追ってきた選手はジダンだ。少しだけ会ったことがあって、一度一緒にプレーしたけど、彼はピッチ上でもピッチ外でも素晴らしい人物だ」