ニュース ライブスコア

ユナイテッド移籍に前向きなカバイェ

ニューカッスルMFヨハン・カバイェが、マンチェスター・ユナイテッド移籍への扉を開けている。同選手はユナイテッドに関心があると認めた。

今季のプレミアリーグで16位と低迷したニューカッスルにおいて、気を吐いていた一人であるカバイェ。ユナイテッドは引退したポール・スコールズ氏の後釜として、同選手を狙っていると言われる。

カバイェはフランス『カナル・プリュス』で、ユナイテッド移籍に好意的な見解を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。

「イエス、もちろんだ。僕はずっとこのクラブが好きだった。彼らがやることが好きなんだ。ボス(アレックス・ファーガソン氏)は去ったけど、彼らはとても良い後任(デイビッド・モイーズ監督)を就任させた。彼はエヴァートンでうまくやってきた人だ。彼らはビッグクラブの中で常に良いプレーをしてきた。イエス。もちろん、変化は興味深いね」

カバイェにはモナコやパリ・サンジェルマンも関心を抱いていると言われる。だが、本人は何も話を聞いていないようだ。

「誰とも直接のコンタクトはない。代理人が今知っているところかもね。僕自身について言えば、ここで話を聞いている。イングランドのことも好きなんだ。状況を見てみる必要があるだろうけど、どうなるかは誰にも分からないよ」