フランス代表レミーが逮捕

集団婦女暴行容疑で
QPRに所属するフランス代表FWロイク・レミー(26)が、婦女暴行の容疑で逮捕された。『BBC』など、イギリス複数メディアが伝えている。

報道によると、レミーは今月6日、ほか2人とともに34歳の女性に暴行をはたらいたとのこと。15日午前に3人は捕まり、警察で取り調べを受けている。

QPRは、この件について把握しているものの、警察が捜査中のためコメントはできないとしているという。

レミーは今年1月、マルセイユからQPRへ移籍していた。