ルーニーはやはり移籍を希望、ファーガソンが認める

しかし、クラブは拒否
マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーの移籍志願は事実だった。サー・アレックス・ファーガソン監督が明かしている。

ユナイテッドは12日、今シーズンのホーム最終戦でスウォンジー・シティと対戦し、2ー1で勝利した。ファーガソン監督のホームラストゲームとなるこの試合で、去就が注目されるルーニーはベンチ入りメンバーからも外れている。

ファーガソン監督は試合後、一部の報道どおり、ルーニーが移籍を志願したことを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が、指揮官のコメントを伝えている。

「ウェインはプレーしたくないだろうと思った。シンプルだ。彼は移籍を希望したからね。ここ数週間で何度か外れたことに、少し不満があるのかもしれない」

しかし、ルーニーの移籍を容認する考えは今のところないようだ。『BBC』では、ファーガソン監督の談話が以下のように伝えられた。

「我々はそれを拒否した。(ルーニーが残留するかは、)もう私が決めるところではない」

来シーズンからデイビッド・モイーズ監督が率いることになったユナイテッド。過去にモイーズ監督と衝突した大黒柱の将来はどうなるのだろうか。