QPRのDFベン・ハイムがMLSへ移籍

元QPRのネルセンが率いるトロントへ
北米MLS(メジャーリーグサッカー)のトロントFCは9日、QPRからのレンタルでイスラエル代表DFタル・ベン・ハイムを獲得したことを発表した。

現在31歳のベン・ハイムは、2004年からイングランドでプレー。ボルトン、チェルシー、マンチェスター・シティ、サンダーランド、ポーツマス、ウェスト・ハムを渡り歩き、今年1月からQPRに所属していた。QPRではプレミアリーグ3試合、FAカップ3試合の出場だった。

「タル・ベン・ハイムは10年近くにわたってプレミアリーグのトップDFの一人だった。代表チームのキャプテンでもあり、まさに我々が必要としていたベテランDFだ」とトロントFCのケビン・ペイン会長はクラブ公式サイトでコメントしている。

トロントFCでは今年1月より、それまでQPRでDFとしてプレーしていたライアン・ネルセンが監督を務めている。