エヴァートン、モイーズ退団決定 マンU行きが確実に

ファーガソンの後任に
エヴァートンは9日、デイビッド・モイーズ監督(50)が今シーズン限りで退団することを発表した。同指揮官は、サー・アレックス・ファーガソン監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドへ行くことになる。

モイーズ監督は、ファーガソン監督の退任発表直後から、後任の最有力候補に挙がっていた。クラブの発表によると、モイーズ監督は8日、ビル・ケンライト会長と会談をして、ユナイテッドへ行きたいという願望を伝えたという。

エヴァートンは、2002年からチームを率いたモイーズ監督に感謝を述べると同時に、新監督探しを始めるとしている。

ユナイテッドからの発表はまだだが、モイーズ監督のユナイテッド行きは間違いない状況となった。